医師転職に向けて大切なこと

転職が日本でも一般的になりつつありますが、転職の際に経済的な安心感はもちろん今後の職がなくならないような分野を目指す方も多いと思います。弁護士や会計士のような持っているだけで特別なことができる資格というのは難易度も高いですが、その分安定したお給料と生涯の仕事を獲得できます。同じような考えで医師転職を目指す方も多いようです。医師といっても様々で風邪や怪我で行く内科・外科から土日が休める眼科・歯科もあります。医師になるためには医学科に入る必要がありますが実はこの医学科の定員は国が定めており、毎年医学科に入れる人数は制限されているのです。もちろん転職組ともなれば狭き門でしょうし、合格後もかなりの勉強が必要になってきます。その覚悟があるのであればこれから医療の分野は欠かせないものになってくるので転職の一つの選択肢にしてもいいかもしれません。

現代の医師転職について

医師というのは人手が足りているところと、たりていないところの差が激しいです。なので医師転職といっても正社員で働けない場合もあります。そんな時には医師でもアルバイトをすることがあります。アルバイトというと想像するのは飲食店やスーパー、コンビニなどだと思います。しかし医師にもアルバイトというものがあるのです。医師というと、正社員として働いている人しかいないというイメージが強くありますが、決して正社員ばかりではありません。医師の免許をもっている人ならば医師アルバイトとして働けるのです。主に、人出が足りていない病院の日中の外来、夜間の当直でバイトとして働いていることが多いです。コンビニや飲食店など、誰でもできるバイトとは違い専門的なことなのでアルバイトとしての時給もとても高く、一万円以上は当たり前の世界です。院長などのクラスになると、もっと高額になることも珍しくはありません。アルバイトとはいえ、医師としての仕事はもちろんキッチリとこなしてくれるので当たり前のことかもしれませんが、医師はアルバイトでも稼げるんだなぁお思います。

医師転職についてのこと

医師が転職するというのは、あまりイメージにないですが多くの医師が何度かは転職していたりします。理由は個人個人いろいろありますが、医師なら転職先もすぐ見つかるのではないかと思われがちですが、実際にはサラリーマンよりも大変だといわれています。まず、退職時から大変です。病院側としては医師が減ることにより一人一人にかかる負担もとても増えるし、新しい人を雇うというのも困難なのでなかなか辞めさせてくれないケースが多いです。いざ辞めても、同じ業界にはいるわけなので出くわす機会もあり、辞めかたが円満ではないと次に気まずい思いをすることになってしまうからです。転職先の探し方としては、専門の情報誌やインターネットのサイトなどで探すことが多くみられますが、それもたくさんの種類があるのでどこのサイトが良心的なのかということも自分で見極めなくてはなりません。他の職業のように、他人に相談したり紹介による転職ということはあまりないので悩みを一人で抱え込んでしまいがちなのも医師転職の苦労の一つのようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)